特徴

必ず用意しておきたいもの

子犬が来ることが決まったら、必要なものを用意しておきましょう。まず、子犬が落ち着くことのできるサークルやベッド、ケージ、おもちゃ類、食器、グルーミングやケアグッズは最低限必要です。では、どんなものがいいのか具体 ...

特徴

No Image

しつけとは?

子犬のトレーニングは生後40〜50日だろうと、3カ月だろうと、家にやって来たときからスタートします。子犬の3カ月ころというのは、精神面、肉体面両方の形成において非常に重要な時期となります。このときに体験したことが成長してか ...

特徴

No Image

色々な症状

・メスのエストロゲン反応性尿失禁

これは、尿道括約筋の機能障害により、犬が睡眠中やリラックスしているときに尿を漏らしてしまうもので、主に卵巣から分泌されるエストロゲンというホルモンが避妊手術によって低下することも ...

特徴

♀メスの場合

子宮蓄膿症の予防

この病気は、子宮の内膜が発情を繰り返すごとにホルモンの影響を受けて変化し、最終的には細菌感染を受けて子宮内に膿の貯留が起こるもの。犬は人間と違って閉経というものがなく、生涯、性周期が繰り返され ...

特徴

No Image

無駄吠えしないから都会でも飼いやすい

フレンチブルドッグはあまり手がかからない犬です。短毛なのでカットも必要ありません。爪切りなどのケアも練習すればできるようになりますので、比較的お金のかからない犬種といえます。小型犬なので、あまり家が ...

特徴

No Image

いっぱい体を動かしてパワー全開が幸せのもと

見た目はどっしりとした印象のフレンチブルドッグ。そのため、フレンチブルドッグが運動に興じる姿を初めて目にした人は、活発な身のこなしに驚くかもしれません。コンパクトながら骨太で筋肉質なボディから ...

特徴

No Image

個性の異なる4パターン、どのカラーがお好み?

フレンチブルドッグのコートカラー(毛色)はクリーム、ブリンドル、フォーン、パイドの4種類。元々はブリンドルのみでしたが、派生して、白っぽい単色のクリームと、フォーン、白がベースでブリンドルか ...

特徴

空気の通り道が狭く体熱の放射が苦手

フレンチブルドッグを飼う上で気をつけたいのが暑さ対策です。被毛をまとった犬はもともと暑さが苦手ですが、中でもフレンチブルドッグは暑さに弱い犬種です。一瞬の油断が熱中症を招きかねません。犬は暑いと、パン ...

特徴

フレンチブルドッグは一度見たら忘れない、インパクト抜群の容姿の持ち主

ペチャンコのつぶれた鼻、深くて長いシワは、他の犬種とは一線を画す顔です。

一方で体つきは、顔とは対象的にたくましい印象を持ち、前から見ても肩がガッチリと張 ...

特徴

No Image

愛嬌たっふりのぺちゃんこの鼻

短くて幅の広い口吻(マズル)は、何ともいえない愛嬌があります。口吻と目の間には深いシワがあり、口を開くとシワの端も持ち上がってひょうきんな表情になります。