子犬を迎えるための準備

必ず用意しておきたいもの

子犬が来ることが決まったら、必要なものを用意しておきましょう。まず、子犬が落ち着くことのできるサークルやベッド、ケージ、おもちゃ類、食器、グルーミングやケアグッズは最低限必要です。では、どんなものがいいのか具体的に紹介していきます。

・サークル

子犬が安心していられる場所を居間などに設置します。サークルの中に、滑らないマットを敷き、子犬の体にフィットするようなベッドを入れます。子犬がサークルに中で、安心して生活できるようにしてあげます。また、設置する場所は、家族が集まる場所にします。子犬の頃から、さまざまな人に慣れさせることは重要です。寂しい思いをさせると、性格形成に影響が出てしまいます。

・ベッド

簡単に洗濯できるものが便利で、衛生的です。

・フードボウル

子犬専用の食器を用意します。重みがあって動きにくい、ステンレス製か陶器製のものがいいでしょう。水入れはサークルに付けるタイプのガラス製の自動給水器が安心。新鮮できれいな水がいつも飲めるようにしましょう。

・ヒーター

とくに、子犬のうちは寒さで体調を崩しやすいので、ベッドようヒーターは必需品です。ただし、低温やけどやヒーターのコードをかじることによる事故などに注意しましょう。

・トイレ&トイレシーツ

生活環境によって変わってきますが、フレンチブルドッグのような小型犬なら、室内にトイレを用意しておきましょう。

・リードと首輪

首に何かをつけさせることは。遊びのなかから覚えさせていきましょう。最初はゆるめにリボンをつけ、長い紐にも慣れさせます。3〜4カ月までは、リードと首輪が一体になったものがオススメです。6カ月を過ぎると、首輪でもいいでしょう。胴輪は基本的にはトレーニングがきちんと入った犬にオススメです。

・グルーミンググッズ

ブラシ、爪切り、爪やすりは最低必要なもの。シャンプーやリンスなどは、子犬用のものをそろえてあげましょう。フレンチブルドッグは皮膚が弱いので、成長してきたら、できるだけその子の体質に合ったシャンプーを選んであげてください。

特徴

Posted by viva-french