避妊・去勢手術、するか?しないか?(メリット編)

♀メスの場合

子宮蓄膿症の予防

この病気は、子宮の内膜が発情を繰り返すごとにホルモンの影響を受けて変化し、最終的には細菌感染を受けて子宮内に膿の貯留が起こるもの。犬は人間と違って閉経というものがなく、生涯、性周期が繰り返され、子宮の内膜は常にホルモンの影響を受け続けます。通常は高齢犬での発生が多くなります。

乳腺癌・卵巣腫瘍の発生を予防

すでにさまざまな獣医学研究で証明されており、初めて発情期が訪れる前に避妊手術をしたメスは、乳腺癌になる確率は0%、初めての発情後に行った場合は7%、2回目の発情後に行った場合は25%です。ただし、3回目を過ぎても全く効果が無いというわけではなく、特に乳腺癌を発症した犬がまだ避妊手術をしていなければ、乳腺癌の切除と併せて行うとこが新たな乳腺腫瘍の発生を予防する効果があるとして薦められています。

発情期が来なくなり、わずらわしさからの解放

発情期には排卵を迎えるため、エストロゲンというホルモンによって1〜2週間の出血が起こります。出血量は個体差もありますが、かなり多く匂いもきつくなる場合があり、部屋を汚すことが多々あります。オムツをあてたり、部屋を掃除したり、オスを近づけないようにと、以外と気を使います。

♂オスの場合

精巣腫瘍・肛門周囲腺腫を予防

去勢手術は陰嚢にある2つの精巣を取り出します。そのため、高齢犬に多く見られる精巣の腫瘍を防ぐことができます。精巣腫瘍は組織病理学的なは主に3つのタイプがあります。どのタイプも良性であるといわれていましたが、犬にも悪性の精巣腫瘍が発生していることが分かっており、長い年月を経過すると腹腔内に転移することもあります。

前立腺肥大を予防

オスの前立腺肥大は、「良性前立腺過形成(BPH)」と呼ばれてます、ある研究調査では、去勢していない5歳以上のオス犬の80%にBPHがありました。また、その比率は年齢と共に増加していきます。大きくなった前立腺は、前立腺炎を起こしやすくなります。前立腺炎とは、細菌が上行性に尿路を通って前立腺に感染し炎症を起こす病気です。痛みの強い急性と症状はさほどはっきりとしない慢性があります。

会陰ヘルニアを予防

オスでは会陰部(肛門と陰嚢の間)の筋力が低下し、その内側にヘルニアを生じることがあります。見た目は肛門の横、あるいは両側に大きなこぶのような膨らみが生じ、そこに便や重症の場合には膀胱などが入り込んでしまいます。そのため犬は不快感や痛みに煩わされるだけではなく、入り込んでいる臓器によっては命に関わることも。治療は会陰部の筋肉の整復手術を行います。

特徴

Posted by viva-french