とにかく暑さに弱いフレンチブルドッグ

空気の通り道が狭く体熱の放射が苦手

フレンチブルドッグを飼う上で気をつけたいのが暑さ対策です。被毛をまとった犬はもともと暑さが苦手ですが、中でもフレンチブルドッグは暑さに弱い犬種です。一瞬の油断が熱中症を招きかねません。犬は暑いと、パンティングと呼ばれる「ハアッ、ハアッ」と浅くて速い呼吸を繰り返すことで、口や気道から水蒸気を発散させて体温調整を行います。ところが短顔種であるフレンチブルドッグは、この放熱を行うための面積が狭いため、発散の効率が大変悪いのです。口の中の喉に近い部分には軟口蓋と呼ばれる柔らかい組織があります。短顔種はこの軟口蓋が長い傾向があり、軟口蓋が邪魔をする形で、気道が狭くなっています。そのため、普段の呼吸では問題なくても、パンティングが続くと、空気を十分に調達できなくなってしまいます。こうした構造上のウィークポイントは、他の短顔種にも共通しています。高温多湿な日本の梅雨から夏にかけて。くれぐれも熱中症を起こさないように注意しましょう。

こんな時は要注意

・熱中症になったら

「まずは体を冷やす!」が大前提。できれば犬の体を全体部浸せるような桶に水を張り、入れるのがよいですが、救急処置として、保冷剤などを体の各ポイント(首の後ろ、ワキの下、太ももの付け根など)に当てます。

・夏場、雨の降ったあとは曇り空でも要注意!!

雨が上がった直後は一見涼しそうですが、じつは濡れた地面から水蒸気が立ち昇り、あたりはサウナ状態。高湿度で犬の放熱は妨げられ、大変苦しい状態です。梅雨に入れば、雨が止んだタイミングを見計らって散歩に出ることも多くなりますが、犬の様子をよく観察しながら歩き、時間も短めに。

・夏場、車から建物へのわずかな移動時もご用心!!

エアコンの効いた車内から突然気温の高い外に出ると、大きなダメージを受けてしまいます。路面は熱く、肉球をヤケドする恐れがあるので、犬を地面に降ろさないこと。抱っこして移動する際にも、犬と人が密着すれば体温が上がるので、濡らしたタオルや保冷剤を当てるなどしましょう。

・一心不乱、無我夢中で運動した後は要チェック!!

運動や遊びに夢中になっていると、犬は自分の体に負担がかかっていることに気づきにくいものです。体を動かすことで体温はどんどん上昇し、いつの間にか危険な状態になっていることも。犬の呼吸をよく観察し、適度なところで運動を切り上げましょう。運動後はたっぷり水を飲ませましょう。

・お出かけ先での大興奮、テンションMAXは要注意!!

フレンチブルドッグは陽気で何にでも興味を持つ犬種なので、楽しすぎてハイテンションになることがあります。すると呼吸が早くなり、自ら体温を上げてしまいます。テンションが上がりすぎていたら、涼しい場所に移動し、首の後ろからお尻にかけて、毛並みにそってなでて落ち着かせましょう。

・去年まで大丈夫だったという思い込みが招く、3年目のワナ

犬の飼育では「慎重の1年目、様子見の2年目、油断の始まる3年目」とも言われます。去年、一昨年は平気だったから今年も大丈夫との思い込みが、思わぬ落とし穴につながります。暑さ対策でも、これまでは無事に夏を越せたからと油断は禁物。年によって暑さの度合いも違います。毎年心を新たに万全の体制で臨みましょう。

特徴

Posted by viva-french