スタイルの確立




アメリカで確立

フランスで小型化されたフレンチブルドッグが、現在、人気のあるスタイルにされたのはアメリカだという説があります。それはフレンチブルドッグの人気が高まってきた1890年代、その頃フランスで飼育されていたフレブルたちは、スタイルがまちまちでした。それはイングリッシュ・ブルドッグとフレンチブルドッグの決定的な違いがあったからです。その違いはイングリッシュ・ブルドッグのローズイヤーとフレンチブルドッグのバットイヤーです。その当時のフレンチブルドッグには、両方が混在していました。それを問題視したのはアメリカでした。アメリカにフレブルが入ったあと、1898年に開催された単独ショーで、現在のスタイル、つまりバットイヤーとスクエアな頭がスタンダードと決められたのです。その後1900年初期にはアメリカ国内では素晴らしいフレブルが登場するようになり、現在のフレブルを作ったのはアメリカだという説が浸透しました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2002年に初めて飼ったフレンチブルドッグに魅せられて、世の中の人にもっと”ブサイクでめっちゃ可愛いフレンチブルドッグ“を知ってもらいたいと思い、ドックショーに参戦し、そこで知り合ったドックショーで活躍されている先輩ブリーダー様のご意見を伺いながら、健全でよりスタンダードに近い”ブサイクでめっちゃ可愛いフレンチブルドッグ“のブリーディングをおこなっています。子犬が誕生した際は、募集のお知らせをいたしますので、お気軽にご連絡をお願いいたします。