ダドリーさん、ありがとう

 

今朝、乳腺腫瘍の手術を1月に受け治療に専念していた、ダドリーさんが亡くなりました。

私の中では、まだ受け入れる事が出来ません。

この子は、来た時から私の言う事がわかる子でした。

皆んなのまとめ役で面倒みがよく他の子の子犬の世話もとてもよくしてくれて

沢山のフレンチブルドッグの良さを私に教えてくれました。

本当に悲しくて悔しくてなりません。

私の所に来てくれてありがとう。

こらからもずっと一緒だよ。

虹の橋の向こうには、あんじゅ、さくら、ペティ、うらん、テリー、たいちゃん、ひなた、しんのすけが待ってるから皆と仲良く楽しく過ごしてね。

パパは本当に悲しいよ、どうしていいかわからないよ。

本当に早くパパの所に帰って来てね。

それまでずっとずっと待ってるから。

本当にありがとうね。

またね、少しの間だけどバイバイ。

合掌




ABOUTこの記事をかいた人

2002年に初めて飼ったフレンチブルドッグに魅せられて、世の中の人にもっと”ブサイクでめっちゃ可愛いフレンチブルドッグ“を知ってもらいたいと思い、ドックショーに参戦し、そこで知り合ったドックショーで活躍されている先輩ブリーダー様のご意見を伺いながら、健全でよりスタンダードに近い”ブサイクでめっちゃ可愛いフレンチブルドッグ“のブリーディングをおこなっています。子犬が誕生した際は、募集のお知らせをいたしますので、お気軽にご連絡をお願いいたします。